「抹茶あいすくりーむ」好評販売中!
利休倶楽部 ー会員ページ-
ログイン
パスワードをお忘れの方

商品カテゴリ
日本茶
煎茶
玄米茶
ほうじ茶
かりがね
玉露
抹茶・グリーンティ
その他(粉茶・番茶等)
中国茶
紅茶
ハーブティー・健康茶
麦茶
ノンカフェイン
御菓子
茶器
手軽に楽しむお茶
ティーバッグ
粉抹茶・インスタント

こだわりのお茶・贈り物

つぼ市製茶の広報室
無料カタログもご用意しております。下記リンクのフォームより、お気軽にご請求下さい。資料請求はこちら
利休倶楽部(つぼ市製茶本舗)へのご注文・お問い合わせは 0120-61-7181(平日 9:00〜18:00)お問い合わせはこちら法人のお客様はこちら
営業日カレンダー
2017年 07月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
休み
 
おいしい飲み方・保存方法

煎茶のおいしい飲み方
玉露のおいしい飲み方
焙じ茶・玄米茶・番茶のおいしい飲み方
冷茶のおいしい飲み方

茶葉の保存方法について




煎茶のおいしい飲み方


人数分の湯のみにお湯を
8分目ずつ注ぎさまします。


(一般的に湯の温度は上級茶で70℃、中級(並級)煎茶で80〜90℃くらいが適しています。一度沸騰させたお湯を冷めた湯のみに注ぐと、温度が下がるので渋みや苦味の少ないまろやかな味を楽しめます。)

お茶の葉を
急須に入れます。


(茶葉の量はお茶の種類によって違いますが、1人分は3g(軽く大さじ1杯)くらいの茶葉で150〜200mlぐらいのお湯が目安です。5人分ほどいれていただく時は10g(大さじ2杯)ぐらいの茶葉に400〜500mlぐらいのお湯が目安となります。)

湯冷まししたお湯を急須に注ぎ、待ちます。


(上級茶なら2分、並級茶なら1分待ちます。その際、やさしく、かるく急須をまわすとよく出ます。)

お茶を湯のみに注ぎます。


(分量は均一に、濃淡のないように「廻し注ぎ」(各湯のみに少しずつ注ぎ分ける)をします。最後の一滴まで注ぎきるのが、二煎目も美味しく淹れるためのポイントです。)

お茶の葉は、あまり熱いお湯をかけると苦味が出ます。その苦味がカフェイン、渋味はタンニンです。熱いお湯をかけたり、お湯を注いだままあまりに放っておくと、このタンニンとカフェインがどんどん溶け出してきます。 一方、お茶のうま味の主はテアニンというアミノ酸です。 しかし、お茶のうま味はアミノ酸だけではもの足りません。やはり、渋味、苦味のあるなかに甘味があるというのがお茶の本当の醍醐味です。そういう意味で、ちょっとおく方が良いのです。











玉露のおいしい飲み方


急須にお湯を注いで
冷まします。


(急須はごく小ぶりのものを使用してください。)

急須のお湯を
湯のみに注ぎます。


(各湯のみに30ml程入れ、残ったお湯は捨てます。)

お茶の葉を
急須に入れます。


(茶葉の量は二人分で6〜8g(大さじ山盛り1杯分)ほどです)

湯のみのお湯を急須に注いで、お茶が浸出するのを待ちます。


(2〜3分が目安です。)

お茶を湯のみに注ぎます。


(分量は均一に、濃淡のないように「廻し注ぎ」(各湯のみに少しずつ注ぎ分ける)をします。最後の一滴まで注ぎきるのが、二煎目も美味しく淹れるためのポイントです。)
甘く柔らかい味わいが特徴の玉露。玉露特有の旨みをしっかりと出すためには50℃〜60℃(人肌ぐらいに冷ましておくのがベスト)まで冷ました湯で、ゆっくりと淹れるのがポイントです。
二煎目は少し熱めのお湯で風味の変化を楽しんでください。











ほうじ茶・玄米茶・番茶のおいしい飲み方


お茶の葉を
急須に入れます。


(焙じ茶・玄米茶・番茶は香りをしっかりと出すために茶葉を多めに使い、沸きたてのお湯で淹れるのがオススメです。1人分だと大さじ山盛り1杯、5人分ほど淹れていただくときは大さじ3杯くらいの茶葉を使用してください。)

熱湯を急須に注ぎます。


(1人分だと200ml程、2人分だと600〜700mlで30秒〜1分が目安です。お湯の量は多すぎないよう気をつけてください。)

お湯を湯のみに注ぎます。


(分量は均一に、濃淡のないように「廻し注ぎ」(各湯のみに少しずつ注ぎ分ける)をします。最後の一滴まで注ぎきるのが、二煎目も美味しく淹れるためのポイントです。)
サラっとした味や香りが特徴の番茶や焙じ茶。
湯冷ましをせず、熱い湯を急須に直接注ぎ、煎茶よりも短い時間で注ぎ分けると一層香気を引き立てます。
湯のみは厚手で大きめのものがオススメです。











冷茶のおいしい飲み方

ゝ淇椶肪稷佞鯑れます。 △水を注ぎます。
5淇椶10〜20回くらい回転させ、やさしく振ります。 っ禊錣肪蹐、氷で冷たくなったらできあがり。











茶葉の保存方法

お茶は温度や光線に変質しやすく、他のにおいも付きやすいデリケートなものですので、保存は注意してください。

・場所
涼しくてにおいの少ない冷暗所のようなところがオススメです。
火の気があるところや暖房が付いている部屋などは避けてください。
出し入れの際の温度差が少ないところに保管するほうがいいのですが、冷凍庫にいれておくのもお勧めです。このとき、他の食品のにおいが付かないようにきちんと密封しておいてください。
また、急激に温度が変化すると容器の表面に水滴がつきますので、冷凍庫から出してもすぐに開けず、常温に戻してからお使いください。
開封後は夏季なら半月以内、冬季なら一カ月ぐらいで飲みきるのが適当です。

・容器
できるだけ空気に触れさせないようにしておくことが大切です。
袋に入れて保管する場合は、中の空気も抜いておくと香りが飛びにくく、味も変わりにくいです。
缶に入れて保管する場合も茶葉をそのまま缶に入れずに袋のままいれるほうが良いですが、茶筒に入れ替える場合は茶筒を袋に入れるとより鮮度が保てます。