つぼ市製茶本舗ロゴ

季節のお便り

ひと昔前と比べると、35℃以上の猛暑日は増えているそうです。お体の調子はいかがでしょうか?
また、マスクを装着しての生活が続くと、思っている以上に体温は上昇するので、熱中症には十分に心掛けてください。

今年も、気温の上昇が問題視されているので、熱さの二重苦にならないように、少しでも涼しい気持ちになりたいもの。
そんな時は、昔から工夫をしてきた先人たちの知恵に学んでみましょう。

“音”を聞くことで暑さを和らげるのもそのひとつ。

風鈴の、ちりんとなる音。
鹿威しの、かたんとなる音。

冷茶の氷がからりとなる音も心の涼しさを呼ぶ、癒しの音色ですよね。

最大限に五感を働かせ、音で、目で、喉で、夏の暑さを乗り切る“涼”を感じてみてはいかがでしょうか。

商品

今年のお盆も、故郷に帰って家族と話したり、同窓会などで昔の仲間と語ったり、といった例年のようにいかないかもしれません。
そんな時こそ、気持ちを伝える意味でもお贈り物はいかがでしょうか。
お盆が過ぎても「残暑お見舞い」としてお届け出来れば喜ばれることと思います。
そんな贈り物やお手土産におススメなのが、つぼ市のおすすめスイーツ「利休抹茶あんみつ」です。昨年から発売した「ほうじ茶あんみつ」も人気です。

商品

そのまま器に入れて楽しむのも良いですが、ちょっとひと工夫。
つめたいアイスやもちもちの白玉を入れると、より豪華なあんみつになりますよ。
お好きなフルーツをトッピングして、カラフルに彩るのもいいですね。
ガラスの器に盛り付けると、更に見ためも涼やかになります。

つぼ市のお茶やスイーツを使って、“音”や“見た目”や“喉越し”の涼しさを感じていただけますように。
夏の暑さを乗り切りましょう!

***********************************

みなさまは普段、どういった時にお茶を飲まれますか?
朝目覚めた時、食事時、ほっと一息つきたい時、団らんの時。

どんな時でもお茶はやすらぎを与え、
会話を生み、人とのつながりをもちます。

お茶と、人と、人と。

みなさまにとっての「お茶のある暮らし」が素敵なものでありますように。

PAGE TOP